--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.04.09 (Thu)

こどもの入学式と子育て振り返り

久しぶりの更新です。
昨日8日は、息子の小学校入学式でした。

うまく振休がとれ、奥さまと参列できました。

暖かい春の日差しの中での入学式を期待していましたが、
まさかの降雪。

当の息子は寒さをものともせず、明るく元気いっぱい、
時に暴走気味にはしゃいでいます。

ここまではなんとか、
大きな事故やケガなく育ってくれています。

振り返ると、子育てについては、
この二つを目標としてきました。

「柔軟な頭脳と丈夫な体を持った、明るく素直な性格の子に育てる。」

「読書好きに育てたら、それだけで成功。」

なんとか近づいているような気もしますが、
一人息子ゆえ、甘く育てすぎたかもしれません。

今はこれらに加えて、
あたたかい心を持ってほしい、と願っています。

息子にとっても、私にとっても、新しい生活の一年生なので、
ともに学んで、ともに育っていきましょう。
スポンサーサイト
 |  育児  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.29 (Sun)

2014年の手帳も能率手帳ゴールドを購入

1年ぶりのブログ更新です。

12月にお酒の飲みすぎで、左目上を数針縫うケガをしました(←しっかり反省)が、これ以外は家族に大きなケガや病気なく、息子もスクスクと育っています。

さて、まずは手帳について、来年も能率手帳ゴールドを使います。
2010年から使い始め、5年目になります。
P1070655 (1024x684)

2014年版は、能率手帳がNOLTY(ノルティ)へブランド刷新ということで、能率手帳ゴールドもいくつか内容が変更されています。

その中でもっともうれしい変更は、カレンダーの始まり曜日が月曜日に統一されたことです。これは大ヒットです!

これまでは、この手帳の週間スケジュール欄が月曜始まりなのに、カレンダーが日曜始まりになっていて、ずっと違和感を持っていました。

もともとカレンダーについては月曜始まり派で、会社や家で使っている卓上カレンダーも月曜始まりに統一しています。世の中すべてのカレンダーを月曜始まりにして欲しい、とさえ思っています。

これでますます、能率手帳ゴールドから離れられなくなりそうです。
ぜひぜひ、2015年版以降もずっと、カレンダーは月曜始まりを継続してくださいね!

タグ : 能率手帳

 |  手帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.29 (Sat)

「能率手帳の流儀」 再読で一年を反省!

久々の更新です。
今年もあと数日。いろいろあっても、家族が大きな病気もせず過ごせたことに、まずは感謝。

さて、毎年この時期に「能率手帳の流儀」を再読しています。
いつ読んでも、一年を反省し、前向きな気持ちになれる本です。

能率手帳の流儀
能率手帳の流儀
posted with amazlet at 12.12.28
野口 晴巳
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 20,906

今回特によかった部分です。

「遠い将来の姿を思い描く前に、今日一日のできごとを書いて振り返って見てください。大望を掲げる代わりに、明日何をするかを自分で決めてください。すべては、そこから始まります。」

「一日を振り返り、明日をもっとよくしようと生きること。それは、夢物語のような遠い目標を掲げて、何から手をつけようかと迷うよりも、よっぽど充実しています。」

今年一年振り返ると、不安や、あせりで、目の前の仕事に集中できない日が、いつもより多かったと感じます。

将来を不安に思うより、一日をしっかり生きる。

できなかったな~。反省!

タグ : 能率手帳

 |  読書  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.08 (Sun)

「第3の案」から学ぶ。これからも学ぶ。

久々に熟読した本を紹介します。

第3の案 成功者の選択
スティーブン・R・コヴィー ブレック・イングランド
キングベアー出版
売り上げランキング: 952

この本は、何か壁にあたると読み返す、「7つの習慣」の著者コヴィー博士が、「本書は基本的に、人生において最も難しい問題を解決する鍵となるものだ」(P12)というものです。

これだけで、読まずにはおけません。

内容は、学び、学び、学びの連続。

「自分が正しいと考えず、相手の考えを妥協して受け入れるのでなく、自分も相手も、それぞれの意見より、よりすばらしいと思える、創造的な第3の案を探す」ことの大切さ。

いくつか一節を紹介すると、家庭での第3の案では、

・お互いの違いを大切にせずに憎む、それが「性格の不一致」なのだ。

・パートナー同士がお互いの違いを愛おしんで初めて、素晴らしい結婚生活が育まれていくのだ。

世界における第3の案では、

・だれかの感情にパラダイムシフトを起こさせたいのなら、その人が戸惑うほど、その人の話に本気で耳を傾けなければなりません。

そして、最後に書かれた20項目の実践のすすめのうちの1つ、

・自分と他者を比較しない。あなたは無限の価値と大きな潜在能力を持った唯一無二の個人である。自分自身の人生における最も重要なミッションを明確にし、そのミッションに忠実であること。そして自分自身であること。そうすれば、他の人々と世界のために素晴らしいことができる。

といった、名言のオンパレード。

仕事で、家庭で、困難にぶつかったとき、ずっと読み返す一冊となること、間違いなしです。

タグ : 7つの習慣

 |  読書  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.30 (Mon)

大河ドラマ「平清盛」がおもしろい

大河ドラマ「平清盛」が、近年のどの大河よりもおもしろい。

まずは、清盛の父役の中井貴一がカッコよすぎる。

清盛役の松山ケンイチの演技にも、自然と感情移入してしまう。

「武士が貴族の番犬でしかなかった時代。実力で日本の覇者に上り詰めた奇跡の男。」
(HPより)

いいじゃないですか。

一部批判があるようなので、応援一票の投稿です。




タグ : 平清盛

 |  できごと  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。