FC2ブログ

2018.09.25 (Tue)

発行に感謝を申し上げます。『原点』(夜回り先生 水谷修)【書評】

以前の記事で『約束』という本を紹介した、水谷修先生の新著です。

夜回り先生  原点
夜回り先生 原点
posted with amazlet at 18.09.25
水谷 修
日本評論社
売り上げランキング: 3,499

水谷先生の、三歳からの生い立ちと出会いが書かれています。

子どもやその家族を助けたことだけでなく、何もできなかったことや恨まれたこと、また現在、できずにいることや恨まれていることを、ありのままに書いています。

事例は次の二冊にあるものと同じですが、それぞれに現在の状況が追記されていて、胸を打たれます。

特に、水谷先生が夜間高校の先生になるきっかけとなった友人との現在について、読むと胸が苦しくなります。

タグ : 夜回り先生

 |  読書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.09.21 (Fri)

日本語の「主語廃止論」を初めて知りました。『新版 日本語の作文技術』(本多勝一)【書評】

たぶん10年近く前に買ったのですが、字が小さく読めずにいた本です。

書店の棚に、「字を大きく読みやすくした新版」があったので、改めて買いました。

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)
本多勝一
朝日新聞出版
売り上げランキング: 1,054

確かに読みやすく、今度は通読できた!

そして本書で、日本語の主語廃止論(主語否定説)を知りました。

タグ : 日本語 野口悠紀雄

 |  読書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.09.20 (Thu)

読書するとき、本に線を引くか付箋を貼るか何もしないか、考えた。

読書するとき、大事だと思った部分に、

・線を引く
・付箋を貼る
・何もしない

のどれがいいか、あらためて考えました。

結果、これまでの「線を引く」から、「付箋を貼る」に変えました。

タグ : 読書

 |  読書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.09.19 (Wed)

子どもと野球を楽しみたいパパにおすすめの本 『桑田真澄の常識を疑え!』【書評】


書名の「常識を疑え!」とは、”野球の常識を疑って、よりよい野球に変えてみよう”ということです。

私(昭和47年生)の小学生時代の遊びの中心は野球で、中学も野球部に入りました。
補欠でしたので、本書の内容を知っていればレギュラー取れた?とくやしいです。

具体的には、”練習しただけ上手くなる”というような全体的なものから、”上から投げおろせ”といった技術的なものまで、よく言われがちな常識を疑い、その答えを写真付きで解説してくれます。

テーマ : 男の子育児 - ジャンル : 育児

タグ : 子育て 桑田真澄 野球

 |  読書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.09.14 (Fri)

『新しい道徳「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか』(北野武)なぜあいさつは必要なのか考えた。子育てで考えたこと⑧ 【書評】

新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか (幻冬舎文庫)
北野 武
幻冬舎 (2018-01-24)
売り上げランキング: 132,692

昨日の記事で、「上手なあいさつ」とはなんだろう、と考えました。

そもそも、「上手なあいさつ」がなぜ必要か。

著者には破天荒なイメージを持っていましたが、「あいさつと礼儀」については、本書でこう言います。

タグ : 子育て 北野武

 |  読書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT