--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.13 (Sun)

「宗教」「哲学」「道徳」ちがいは?

昨年、「怒らないこと」や「ブッダのことば」といった、仏教関連の本を何冊か読みました。

そこで、「宗教」「哲学」「道徳」という言葉の違いを、ちゃんと学んでおきたくなりました。

辞書には、次のように書かれています。

「宗教」
…神などの絶対的な力のあるもの、またその他の神聖とされるものの力を
 信仰していとなむ行事や教えの体系
 (角川必携国語辞典)

…神や仏など、人間を超えた聖なるものの存在と意思を信じ、
 それによって人間生活の悩みを解決し、
 安心、幸福を得ようとする教えの総称
 (類語例解辞典)

「哲学」
…真理について根本的に考えようとする学問
 (角川必携国語辞典)

「道徳」
…人間が社会生活をするうえで、守らねばならない行動のきまり
 (角川必携国語辞典)

このように整理すると、スッキリします。

例えば、「論語」は、「宗教」でなく「哲学」か「道徳」ということばがぴったりだと思いますし、「怒らないこと」も「哲学」か「道徳」だと感じます。

かわって、稲盛和夫の「生き方」にある以下の文は、「哲学」か「宗教」かなと。

 「宇宙には、一瞬たりとも停滞することなく、
  すべてのものを生成発展させてやまない意志と力、
  もしくは気やエネルギーの流れのようなものが存在する。
  しかもそれは「善意」によるものであり、
  人間をはじめとする生物から無生物に至るまで、
  いっさいを「善き方向」へ向かわせようとしている。」

「宗教」が悪い、というのでは、もちろんありません。

神社が大好きですから!


これらの言葉を、間違えずに使っていきたいと思います。
スポンサーサイト

タグ : 読書 宗教 哲学

 |  学び  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.29 (Fri)

「許し」は成り立たない

前回の記事で、
「許すと決めたときに自分の間違いに気づく」、
と書きました。

ということは、そもそも自分が間違っているのですから、
私が正しく相手が悪い、だから相手を許す、
というのは成り立たないことになります。

この考えは、「怒らないこと2」から学びました。

怒らないこと 2 (役立つ初期仏教法話11)
アルボムッレ・スマナサーラ
サンガ
売り上げランキング: 952
おすすめ度の平均: 4.5
5 怒りの正体とは?だからこうやって消す
3 正直がっかりでした。
3 前作と比較すると?
4 慈悲を育てる
5 素晴らしい本です。


こんなことが書かれています。

なにもかにも、一切のことが「不完全」というのが本当の姿なのに、
いったい何を「許す」というのでしょうか。

自分も間違いを犯し、他人も間違いを犯す人間同士であるならば、
許すも許さないも成り立たないと思います。

その通り・・・(汗)。

「許せない」というのは、「怒り」の感情ですね。

前回書いた学びは、
「許すと決める」=「怒りの感情から解放される」
ということを実感した、ということなのでしょう。

ではもっと早く、
自分の中の「怒りの感情」に気づけたらよいのでは。

ということを、本書でじっくり学んでいます。

タグ : 許すこと

 |  学び  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.25 (Mon)

「許すこと」からの学び

深く傷つくことを言われても、
信じていたことがウソであっても、
相手を許せるでしょうか。

どうしても許せないなら、相手との関係を絶っても、
よいのだと思います。

無理に、我慢することはない。

許さずにいることと、許すと決めることと、
気持ちが楽な方を、選んでいいのでしょう。

気持ちが楽になるなら、
思い切って許すと決めるとよいかもしれません。

また違った見方ができるからです。

例えば、

「相手はなんであんなことを言ったのだろう。
 こっちが悪かったかな。そういえば・・・。」

「あの時は頭にきたけど、
 相手とはこんないいこともあったよな。
 あらためて相手のよさを思い出したよ。」

というように。

私の場合、自分の間違いや、
忘れていた相手のよいところに、気づきます。

だから、許すことは、相手をどうこうすることではない。

自分を見つめ、間違いを正し、
自分が成長するための学びなんだと、

とても大きな気づきがありました。

タグ : 許すこと

 |  学び  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.19 (Fri)

「ことばの力」を学んだできごと

新入予定の学生の頭部の手術が成功し、後遺症もないそうです。
お母さんから電話がありました。よかった。

そのお母さんから、手術前、進学をどうしたらよいかと、
相談の電話をうけていました。

そこで私と話した内容に、とても勇気づけられたのだそうです。
電話先で涙声で言われ、こちらももらい泣き。

本人と、支えたお母さん、二人ががんばったので、
よい結果になったのでしょう。

そこに、少しでも役に立てたのなら、うれしい。


どんなことを話したのか、よく覚えていません。
ただ、ともかく手術が成功しほしいと、強く願いました。

その願いが、届いたのかな。言霊でしょうか。
ことばには、発した本人にも気づかない、力があるんですね。

逆に私が、教えてもらいました。
 |  学び  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.18 (Thu)

心の垢を取ってから寝床に入る

これは、中村天風さんの「ほんとうの心の力」にある言葉です。

3年ほど前、コンビニで何気なく手に取った一冊で、
その場では「ふーん」くらいな感じで立ち読みで
すませたのですが、後からジワジワいい言葉だと思い、
買いに走りました。

ほかにも、睡眠について、
「寝がけは尊い人間に」「寝床で考えない」
という言葉があり、こんな内容が書かれています。

 体に汚れがついていたら、寝床にはいる前に、必ずきれいにしてから入ろうとするだろう。
 いったん寝床へ入ったら最後、どんなつらいこと、 悲しいこと、腹の立つことがあったにせよ、明日の朝、起きてから考えるようにするんだ。
 寝るなら寝なさいよ。寝床に何しに行くんだ。考え に行くんじゃなかろうが。あそこは考えごとは無用のところだ。一日中、昼の間に消耗したエネルギーを、一夜の睡眠、夢ゆたけく眠ったときに、また蘇る、盛 り返る力をうけるところだ。
 夜の寝床の中だけは、神の懐に入ったような穏やかな気持ちになってごらん。
 今夜から、寝がけだけは絶対に尊い人間になるんだ。


以前は、寝る前こそ、
不安や心配ごとを考えることが多かったのですが、
今はスパッと忘れて寝るようにしています。

確かに、心も顔や体と同じ、
きれいに洗ってから寝た方が、気持ちいいですね。

ほんとうの心の力
ほんとうの心の力
posted with amazlet at 10.03.18
中村 天風
PHP研究所
売り上げランキング: 9138
おすすめ度の平均: 4.5
3 頑固なおじいちゃんの、すごく勉強になる小言集
3 日々の座右の書として
5 中村天風の教えの真髄を一日一語で味わえます。
5 素敵な書。 (また助けられました。)
5 支えになる人生の参考書


睡眠については、この本にも、考えさせられました。

マーフィー眠りながら成功する (上) (知的生きかた文庫)
J.マーフィー
産能大学出版部
売り上げランキング: 16551
おすすめ度の平均: 3.5
4 潜在意識を意識する
3 眠るだけではだめだ
5 《実用価値》が高い。
4 初めてのマーフィー
2 全く訳がひどい

マーフィー眠りながら成功する (下) (知的生きかた文庫)
J.マーフィー
産能大学出版部
売り上げランキング: 21279
おすすめ度の平均: 3.5
4 潜在意識の凄まじさ
5 《目標設定》の重要性。
2 素直な翻訳で読みたい!

タグ : 睡眠 中村天風

 |  学び  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。