--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.23 (Tue)

読書日記 2010年1月

読書日記、1月。

1. 日本を創った12人 (PHP文庫) 堺屋太一
2. タオ―老子 (ちくま文庫) 加島祥造
3. 大河の一滴 (幻冬舎文庫) 五木寛之
4. 不動心 (新潮新書) 松井秀喜
5. 世界にひとつしかない「黄金の人生設計」 橘玲+海外投資を楽しむ会
6. 人は「暗示」で9割動く! 内藤誼人
7. 私の嫌いな10の人びと (新潮文庫) 中島義道
8. 生命の暗号 (サンマーク文庫) 村上和雄
9. すらすら読める 正法眼蔵 ひろさちや

みごとな乱読というところでしょうか。

2.3.9.は、昨年、
声に出して読みたい日本語や、北尾吉孝・安岡正篤を読み、
東洋思想に興味を持っている関連です。

一冊あげるとするれば、「タオ-老子」。

「詩」のようで、何度も読んで味わいたい一冊です。

タオ―老子 (ちくま文庫)
加島 祥造
筑摩書房
売り上げランキング: 2573
おすすめ度の平均: 4.5
5 老子の魅力が伝わりやすい一冊
5 癒されます
5 消耗した心に水を注いでくれる
4 老子に興味のある人の一冊目に。口語訳のリズムがしっくりくれば、さらに良い本だったと思う。
5 折に触れて読み返したい本



スポンサーサイト

タグ : 読書日記

 |  読書  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.22 (Mon)

読書日記 2009年12月

アップしていなかった、昨年の最後、12月の読書日記です。

76. 達人のサイエンス―真の自己成長のために(ジョージ・レナード)
77. 釈尊のさとり (講談社学術文庫)(増谷文雄)
78. 失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)(野中郁次郎ほか)

番外として、昨年読んだ絵本です。

79. ママの手をにぎって (いのちのえほん)
80. ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋)
81. 100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))

一年間で、全81冊でした。

ジャンルをわけると、

・自己啓発(幸福論、生き方など)、
・ビジネススキル(説得術、文章術、手帳術など)、
・教育(育児の百科、絵本など)、
・古典(学問のすすめ、風姿花伝など)、
・科学(相対性理論など)、
・歴史(古事記、失敗の本質など)

という感じかな。

今年はどうなるか、出会いや偶然を楽しみたいですね。

タグ : 読書日記

 |  読書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。