--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.29 (Mon)

読書日記 2010年2月

2月の読書日記。

10.ケアの本質(ミルトン・メイヤロフ)
11.無趣味のすすめ(村上龍)
12.梅原猛の「歎異抄」入門(梅原猛)
13.お母さんはめっちゃ忙しい(とも子)
14.「質問力」で稼げ(田昇)
15.人生の目的(五木寛之)
16.歎異抄の謎(五木寛之)

10.店頭で見つけた、土井英二さんおすすめの一冊。
「他人をケアすることをとおして、他の人々に役立つことによって、
 その人は自身の生の真の意味を生きているのである」

11.村上龍さんが「仕事」について語ります。
 リーダーの役割、スケジュール管理、仕事における文章など、
 ためになる話の宝庫。

12.15.16.
 ここのところ五木寛之さんの本を集中的に読んでいます。
 一読を勧める「歎異抄」も、読んでみました。
 有名なのは、「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」という一節。
 他にも、深い内容がたくさん。
 真に理解した自信は、まだありませんが、
 生きることについて、大きなヒントをもらえました。

13.ブログつながりのCateさんに教えてもらった一冊。
 親ならわかる、じんとくる絵本です。

14.仕事関係で。

ケアの本質―生きることの意味無趣味のすすめ梅原猛の『歎異抄』入門 (PHP新書)お母さんはめっちゃ忙しい「質問力」で稼げ!人生の目的 (幻冬舎文庫)歎異抄の謎 (祥伝社新書 188)






タグ : 読書日記

 |  読書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kenden.blog33.fc2.com/tb.php/151-089bf4b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。