--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.08 (Sat)

今、筑紫哲也さんから学ぶこと

筑紫哲也さん死去のニュースから、
幸せに生きるための、
大きな学びをもらいました。



筑紫さんについて、テレビで見る以上のことは知りません。

しかし、NEWS23での、後藤謙次さん、鳥越俊太郎さん、
その他さまざまな人からのコメントを聞いて、
あんな風に思い出してもらえたら、幸せだなと思います。

愛読書の「7つの習慣」の第二の習慣、「目的を持って始める」の冒頭、
自分の葬儀を想像する部分に、こんな質問があります。

「あなたは、皆に自分の人格のどういうところを見てほしかったのか。
 どういう貢献や業績を覚えていてほしいのか。
 その場に集まっている人、それぞれの顔をよくみてもらいたい。
 彼らの人生にあなたはどういう影響を及ぼしたかったのだろうか。」

宮崎駿さんのコメントの結びは、
「でも、いいんです。よく生きたことの方が大事です。」
でした。

よく生きたことを、
思い出してもらえるような生き方、
一歩づつでもします!

タグ : 筑紫哲也 7つの習慣 NEWS23 後藤謙次

 |  学び  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

筑紫さんのご逝去、本当に痛み入ります。
「良く生きた」ことが多くの人の心に残る生き方、
たゆますに努力していきたいなぁと
kendenさんの日記を読んで思いました。

7つの習慣は本当に名著ですね。
私は大学時代にアルバイトをしていた塾の
オーナーに薦められてこの本を読みました。

著者のStephen R. Covey氏が、
“ A remarkable book from a remarkable woman
who lives what she teaches."
と評された“Thank You Power”という本があり、
アメリカで昨年ベストセラーになりました。

A remarkable womanと呼ばれている
著者のデボラ・ノービルはアメリカの有名ジャーナリストです。
ジャーナリストとしてさまざまな人に出会うなかで、
本当に成功している人、幸せに生きている人に共通する
1つの真実=「感謝の習慣を持っている」に気づき、
「感謝の習慣」が人生に及ぼす影響について
科学的な根拠やケーススタディを深く調べ、
一冊の本にまとめあげました。

アメリカではたちまちベストセラーになり、
韓国語版は発売されてから3ヶ月で10万部を超えるなど
多くの人に読まれていますが、
日本語版が12月上旬に弊社バベルプレスより
出版する運びとなり、
もしご興味があれば、と思い、コメントをさせていだだきました。
詳細をHPでご確認いただけたらうれしく思います。
http://www.thankyoupower.jp/
senda |  2008年11月21日(金) 16:39 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kenden.blog33.fc2.com/tb.php/64-e3d50979

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。